タグ:アンティーク ( 5 ) タグの人気記事

遠出

主人の親からの 古時計の修理 を 近くで頼んだら物凄く高いので

ネットで調べて 古時計の展示・販売をしている所に行って来ました。

Hammer近くの Løiten Brænderi うちから車で2時間弱

アクアヴィット工場跡です。

a0353839_04132877.jpg


入ってみると・・・

a0353839_04142444.jpg


古道具のお店の左側に 古時計の店がありました。

a0353839_04171052.jpg
a0353839_04172573.jpg


この日、オーナーは留守でしたが

ここで展示している他に 何百もの古時計のコレクションがあるそうです。

a0353839_04201005.jpg


大半は英国製の時計でしたが 下のはスウェーデンのです。

a0353839_04214271.jpg


これは 1771年の英国製。

a0353839_04231724.jpg


どれも時を刻んでいて 4000~9000クローナの値段表が付いていました。

約5万円から 10万ちょっとで

もしかして英国で買うより安いかも?

スウェーデン製の時計に興味がありましたが

うちの車に入らなければ 運送料が高いので 諦めました(笑)

主人の探しているのは…

a0353839_04270094.jpg


文字盤の裏の機械の部分です。

有り難い事に うちのと同じ年代の同じメカニックのが見つかりました。

a0353839_04294504.jpg


文字盤は要りませんが 裏の機械の部分が使えます。

オーナーに電話を入れて 古道具屋さんに支払いして来ました。

200クローナで手に入りました。

古道具屋さんの片隅にあったローズマーリングの時計、

年代物ではないですが 2m弱で うちの車に入ったので購入♪

a0353839_04372274.jpg


以前はB&Bに置いてあったそうですが

オーナーが廃業したので 譲り受けたそうです。

(moreをクリックしてね)



more
[PR]
by weierud2 | 2017-07-22 05:01 | Comments(8)

久しぶり

久しぶりに Sandvika の蚤の市に行って来ました。

夏休み中で 少ないかと思いましたが かなりの数の出店でした。

でも 欲しいものは あまりなし・・・

それでも あんまり安いので ローゼンタールの入れ物をひとつ。


a0353839_21443402.jpg
a0353839_21444710.jpg


下は 以前買った 5㎝ほどの豆皿です。

日本の 田んぼの上を飛んでいる鳥 に見えますが・・・


a0353839_21452772.jpg



a0353839_21454149.jpg




★   ★   ★


2日前、最後のけしの花が 散りました。

幹の下の方に咲いた最後のは 花弁が4枚ではなく沢山ありました。

a0353839_21450172.jpg
a0353839_21451571.jpg


去年、花が咲かなかった代わりに 今年は長い間、楽しめました。


[PR]
by weierud2 | 2016-07-10 21:58 | 蚤の市 | Comments(10)

古時計

戻って来た古時計、先日サンドペーパーをかけて蜜蠟で磨きました。

a0353839_15223528.jpg


つやつやして見違えるようになりました。

ついでに汚かった内部も この際、きれいにしました。


a0353839_15224691.jpg



ここに振子と 重りが入ります。

主人が機械をきれいにしようと開けてみたら・・・・


a0353839_15230652.jpg
a0353839_15232186.jpg



左端の歯車が・・・


a0353839_15233779.jpg




何とねじれていて おまけに一つ取れています。

チャイム用の歯車なので 時計の動くのには支障はないですが

組み立てる前に修理する事になります。

曲がったのは直すとして 取れたのはどうしますか?

古時計が直るのは 時間が掛かりそうです。

★   ★   ★

5月の母の日に間に合うようにと 次女が4月29日に送った小包。

中々届きません。

追跡番号がないので 諦めていたら・・・

何と、1か月以上経った 6月3日にやっと届きました。

主人が懸念していたように税関で開封したせいのようです。


a0353839_15334178.jpg

それにしても 開封してそのまま放置していたのでしょうか・・・

ノルウェーの郵便は 国有ではないと聞きましたが

とても杜撰です。

因みに中身は バスグッズと 保湿クリーム類でした。


a0353839_15335958.jpg



カードは 久しぶりに日本語で書かれていて 嬉しかったです。

香ちゃん、有難う♪


[PR]
by weierud2 | 2016-06-04 15:38 | ノルウェー | Comments(6)

春の花・古時計

うちの庭は よそより寒いのか

やっと 白と 薄い黄の水仙が 咲きました。

a0353839_20480926.jpg
a0353839_20475544.jpg

ニチニチソウが一輪。

a0353839_20482924.jpg


林檎の花も 蕾を沢山付けています。

a0353839_20484214.jpg


蕾が開くと 色が薄くなって 林檎の花らしくなります。

今年も 林檎は豊作のようです。


★   ★   ★


オスロの義両親が亡くなって

アパートを引き払う時に もらった古時計・・・

大きすぎてフランスに持って帰れず 知人に売りました。

彼女はそれに ローズマリングで絵を描くつもりだったそうですが

結局 描かないままに 狭くて場所を取るから・・・と言うことで

うちに戻って来ました。

ご先祖の誰かが その辺のパイン材で作った入れ物に 時計を付けただけ。

入れ物も 壁の色と同じに 何度も塗りかえをしたそうですが

義両親の所にあった時は 素のパイン材でした。

その当時は きちんとネジを巻くと 動いてはいました。

a0353839_20485593.jpg


a0353839_20491781.jpg



サンドペーパーをかけて 蜜蠟で磨いてから 主人に組み立ててもらいます。



主人が時計について 図書で調べたら 載っていました。

Hans Larsenさんは 1804年の生まれなので

時計を作ったのは その後。

1848年には アメリカはウィスコンシン州に移民しているので

それ以前に作った時計です。

ウィスコンシン州はノルウェー人の移民が多く Birie からも

(英語です Birieは古い記載で 今は単に Biri)

まとまって移住した模様です。

かの地でも 時計を作ったのでしょうか・・・



[PR]
by weierud2 | 2016-05-22 21:09 | 四季折々 | Comments(8)

アイロン

a0353839_6252487.jpg


小さなアイロンです。 12×6cmしかありません。

Sandvikaの蚤の市で見つけました。

最初は 普通のアイロンの ミニチュアかと思いましたが 

ちゃんと使った跡がありました。

小鳥のつまみを倒して 押し開けて

a0353839_6294564.jpg


a0353839_630950.jpg


中に 木炭か石炭を入れたのでしょう。

小さいので 袖や襟のレース飾りを プレスするのに使ったのかも?

これと同じ形の 普通のサイズのアイロンもありましたが

小さい方が可愛いので持って帰りました。





15cmほどの ハルダンゲル刺繍の センター ♪

a0353839_6351286.jpg

[PR]
by weierud2 | 2016-03-01 06:38 | 蚤の市 | Comments(4)